朝崎郁恵 奄美を唄う。

フライヤーより

直弟子マブリの二人をバックに、シマ唄の第一人者がおくる伝統音楽スタイルの唄会、そして奄美の民俗芸能「八月踊り」。
朝崎郁恵、ニコタマ初上陸。

■ 日 時 2011.10.21(金)開場18:30/開演19:30
■ 会 場 二子玉川 KIWA
世田谷区玉川3-20-11-B1F

http://www.oasis-kiwa.com/

地図

■ 出 演 朝崎郁恵
マブリ(タナカアツシ・奈良大介):伴奏・お囃子
十五夜会:八月踊り
■ 料 金 前売り3,300円 当日3,500円
■お申込 メールタイトル「10/21 KIWA予約」
本文には
お名前
メールアドレス
人数
を記載して、reserve@asazakiikue.com 宛てにメールしてください。
■お問合せ KIWA
TEL:03-6805-7948
(チケット予約受付12:30~14:30)
MAIL: info@oasis-kiwa.com
(チケット予約はこちらでは受付けておりません)
○『マブリ(魂)』
1999年より唄者・朝崎郁恵師匠の伴奏者として活動を始めた三味線奏者・タナカアツシと太鼓奏者・奈良大介の二人で2001年4月より活動開始したシマ唄ユニット。
ユニット名は「我々は魂込めてシマ唄に取り組んで いる」という意味から「マブリ(魂)」と命名。
都内数か所の沖縄料理店では定期的にライブを、またその他単発のライブも多数行っ ている。伝統的な奄美シマ唄を基本に、八月踊り唄のギターアレンジや新民謡、オ リジナル曲も演奏する。

朝崎郁恵奄美を唄う

Share on Facebook
LINEで送る