海辺の生と死 初日舞台挨拶集合写真

映画「海辺の生と死」の初日舞台挨拶に出席させていただきました

テアトル新宿7/29(土)は、映画「海辺の生と死」の公開初日でした。この映画で朝崎は主演の満島ひかりさんが劇中で唄う奄美島唄の歌唱指導をさせていただきました。

奄美の島唄は、現代の音楽教育を受けて育った人にはとても難しく、人によっては一曲を覚えるのに一年以上かかる方もいます。しかし満島さんは数回のお稽古をしただけで、あっという間に何曲もの島唄を覚えてしまいました。おそらく対面でのお稽古の時間以外でとても努力をされたのだと思いますが、それにしてもこれはすごいことで、当時(映画の撮影に入る前)朝崎もしきりに感心していました。

海辺の生と死 初日舞台挨拶集合写真

舞台挨拶の席でも、ひさしぶりに再会した満島さんに朝崎が「奄美の島唄はとっても難しいのですが、10曲ほど指導しましたけど、これは難しいかなという曲も含め全部しっかりマスターしてくれました。」と賛辞を送ると、満島さんも「朝崎さんの島唄は、骨電動というのか、大地とつながり唄っていて、空気に音がついているような感じ。」と独特の感性で朝崎の島唄についての感想を返し、お互いに世代を超えて尊敬し合っていることが客席の皆様にも伝わったのではないかと思います。

朝崎がアカペラで「エーウミ」を唄うのを、じっと集中して聴き入っていたのが印象的だった満島さん。彼女は育ったのは沖縄ですが生まれたのは奄美でおばあちゃんが奄美の方だそう。そういう意味でも奄美はルーツの地。だからなのか「今でも疲れたりすると奄美の島唄を口ずさむんです」と語っていました。いつかは島唄で共演・・・なんてこともあり得るのでは?という期待を感じてしまうくらい二人の親密さが印象的な舞台挨拶でした。

映画「海辺の生と死」WEBサイト
http://www.umibenoseitoshi.net/

海辺の生と死 初日舞台挨拶満島さんと

 

Share on Facebook
LINEで送る