朝崎郁恵 プロフィール

92A98DE84_2

1935年11月11日、奄美・加計呂麻(カケロマ)島・花富生まれ。

奄美諸島で古くから唄い継がれてきた奄美島唄の唄者(ウタシャ)。

島唄の研究に情熱を傾けた父・辰恕 (たつじょ)の影響を受け、また、不世出の唄者と謳われる福島幸義に師事し、10代にして天才唄者といわれた天性の素質を磨きかける。千年、あるいはそれ 以上前から唄われてきたともいわれる奄美島唄の伝統を守り、その魂を揺さぶる声、深い言霊は、世代や人種を超えて多くの人々に感動を届けている。

ニューヨーク・カーネギーホール、ロサンゼルス、キューバなどの海外公演、国内では国立劇場10年連続公演等、数々の大舞台を踏んできたが、1997年に 発表した初のピアノ(高橋全)と奄美島唄のコラボレーションCD「海美(あまみ)」が、ラジオで細野晴臣氏により紹介され「朝崎郁恵」は世に広く注目を浴 びることとなる。

2002年、「うたばうたゆん(ユニバーサルミュージック)」67歳でメジャーデビュー。
以降 「うたあしぃび(同)」、「おぼくり(EMIミュージック)」、「シマユムタ(テレビ東京ミュージック/ポリスター)」、「おぼくり~ええうみ(ユニバー サルミュージック)」など作品を次々に発表、「朝崎郁恵」をリスペクトするNHK大河ドラマ「篤姫」の音楽を担当した吉俣良、坂本龍一、UA、ゴンチチ、 上妻宏光、姫神など数多くのアーティストと共演してきた。

2009年、NHK大河ドラマ「篤姫」劇中曲(作曲:吉俣良)に、初の標準日本語をのせた「阿母(あんま)」(作詞:UA)をフィーチャーしたマキシアルバムを発表。

2010年、「13人のグランドマザー」第8回 世界会議に参加。

2011年4月より放送中の、NHK BSプレミアム番組「新日本風土記」のテーマ曲「あはがり」を唄う。
また、南海日々新聞社から「ピアノと島唄のコラボレーションという新しい手法で島唄を知らない人々にも唄の深みと『奄美』を広めた」功績により第35回南海文化賞を贈られる。

2012年、シングルCD「あはがり(テイチクエンタテイメント)」、CD「かなしゃ 愛のうた(花富レコード)」をリリース。

2014年 「よいすら」のリミックスバージョンを新レーベル『Volkuta~にほんのうた』の第一弾シングルとして12インチアナログフォーマットでリリース。

ピアノのみならず様々な民族楽器、ミュージシャンとのコラボレーションで島唄を唄い、奄美島唄と自身の可能性を広げ、その世界を深め続けている。

Ikue Asazaki Profile (english)

profile02

Ikue Asazaki (born 11 November 1935) is an Utasha artist, who is known for her performance in the traditional Amami Shimauta (folk song).
She was born in Kedomi, Kakeroma Island, Amami Islands. Her father Tatsujo, influenced her early music strongly during her upbringing. she further developed her innate musical talent and was acclaimed as a genius singer in her early teens.

Ikue has performed concerts around the world in such places as New York, Los Angeles, and Cuba. She has also performed extensively in Japan, including a series of concerts for 10 years at the National Theater of Japan.

In 1997, Ikue released her debut mini album, “Amami” , featuring with piano performance. The album made a strong impression and has drawn significant attention from many famous artists, including Haruomi Hosono and UA.
Since then, she has released a number of albums, including “Utaba Utayun” (2002),
“Uta Asibi” (2003),
“Obokuri” (2005),
“Shimayumuta” (2006),
“Hamasaki” (2007) of which she collaborated with Sitar player, Daikichi Yoshida,
“Obokuri~Eeumi”(2008) of first compilation album,
and “Anma”(2009).

She has worked with a wide range of artists, including Ryuichi Sakamoto, Hiromitsu Agatsuma and UA. She performs with various musical instruments around the world while she maintains the traditional style in her singing. She is well known for her ethereal, earthy vocals. Slightly deep, obviously that of an old lady that conveys a wealth of emotion. Ikue’s songs can be emotionally effective, and they have touched many hearts across generations.