作成者別アーカイブ: admin

海辺の生と死 初日舞台挨拶集合写真

映画「海辺の生と死」の初日舞台挨拶に出席させていただきました

テアトル新宿7/29(土)は、映画「海辺の生と死」の公開初日でした。この映画で朝崎は主演の満島ひかりさんが劇中で唄う奄美島唄の歌唱指導をさせていただきました。

奄美の島唄は、現代の音楽教育を受けて育った人にはとても難しく、人によっては一曲を覚えるのに一年以上かかる方もいます。しかし満島さんは数回のお稽古をしただけで、あっという間に何曲もの島唄を覚えてしまいました。おそらく対面でのお稽古の時間以外でとても努力をされたのだと思いますが、それにしてもこれはすごいことで、当時(映画の撮影に入る前)朝崎もしきりに感心していました。

海辺の生と死 初日舞台挨拶集合写真

舞台挨拶の席でも、ひさしぶりに再会した満島さんに朝崎が「奄美の島唄はとっても難しいのですが、10曲ほど指導しましたけど、これは難しいかなという曲も含め全部しっかりマスターしてくれました。」と賛辞を送ると、満島さんも「朝崎さんの島唄は、骨電動というのか、大地とつながり唄っていて、空気に音がついているような感じ。」と独特の感性で朝崎の島唄についての感想を返し、お互いに世代を超えて尊敬し合っていることが客席の皆様にも伝わったのではないかと思います。

朝崎がアカペラで「エーウミ」を唄うのを、じっと集中して聴き入っていたのが印象的だった満島さん。彼女は育ったのは沖縄ですが生まれたのは奄美でおばあちゃんが奄美の方だそう。そういう意味でも奄美はルーツの地。だからなのか「今でも疲れたりすると奄美の島唄を口ずさむんです」と語っていました。いつかは島唄で共演・・・なんてこともあり得るのでは?という期待を感じてしまうくらい二人の親密さが印象的な舞台挨拶でした。

映画「海辺の生と死」WEBサイト
http://www.umibenoseitoshi.net/

海辺の生と死 初日舞台挨拶満島さんと

 

「満島ひかりのオールナイトニッポンGOLD」で「エエウミ」放送

直前ですみません。
本日(7/21)これから! ニッポン放送で放送される「満島ひかりのオールナイトニッポンGOLD」で、
映画「海辺の生と死」の話の中で朝崎郁恵の「エエウミ」がオンエアされるとのことです。
もしこの時間を聴き逃してもradikoのタイムフリー機能で29日までお聴きいただけます。

「満島ひかりのオールナイトニッポンGOLD」
22日(金)22:00~24:00
http://radiko.jp/#!/ts/LFR/20170721220000

ニッポン放送の周波数は
AM放送の1242KHz
または
ワイドFMの93MHz

越川監督と

「海辺の生と死」の越川監督と対談しました

越川監督と

2017年7月29日に全国ロードショーが始まる映画「海辺の生と死」(主演:満島ひかり)、の監督である越川道夫さんと対談させていただきました。

この映画で朝崎は、主演の満島ひかりさんが劇中で唄う奄美の唄の、歌唱指導を担当させていただきました。

限られた時間の中で、満島さんは驚異的な集中力で島唄を習得され、映画の中で何曲も披露しています。
そしてその「奄美島唄」は映画の中で非常に重要な役割を果たしています。
この映画に「島唄がないなんてそもそも考えられなかった」という越川監督との対談は、「映画と島唄の関係について」「満島ひかりさんの唄と演技について」「戦争について」その他、様々なテーマについて、撮影時のエピソード等も交えて語り合い、、短い時間の中ではありましたが非常に深く充実したものとなりました。

対談は、8月上旬にカルチャーサイト「CINRA」にて掲載されます。その際にはまたアナウンスしますので是非ご覧ください。

映画「海辺の生と死」公式WEBサイト
http://www.umibenoseitoshi.net/

Blue Moon Hayama

BlueMoon 2017

Blue Moon Hayama毎年恒例となっている 葉山の海の家「Blue Moon」でのライブ。
今年もマブリのお二人と演奏します。
いつも書きますが、波の音と奄美の島唄・・・最高です!
ステージの間近で演奏に集中するも良し、ちょっと離れて波の音が聴こえる場所で雰囲気を味わうも良し。
いずれにしても最上の時間になることでしょう。

日時:2017年8月13日(日) Open/18:00 Start/18:30

会場:Blue Moon Hayama

出演:朝崎郁恵 with マブリ

Service Charge:2000yen

※席のご予約などは承っておりません。
御来場順となりますので、ご了承下さい。

flyer_front

朝崎郁恵 in 帯広 ~南ぬ風(ふぇいぬぶるーす)~

flyer_front flyer_reverse

日時 2017年6月3日(土) 19:00開演(18:30開場)
会場 帯広市民文化ホール(小)

料金 大人 4,200円(当日 4,700円) 小中高生 1,000円(当日 同じ) ※未就学児の入場はご遠慮ください。

出演 関ヒトシ/ギター マブリ(タナカアツシ/ギター・三味線・お囃子 奈良大介/太鼓・お囃子)

主催 帯広音楽鑑賞協会 帯広市東2条南8丁目10 tel:0155-23-9480 fax:0155-23-9481
後援 帯広市教育委員会/十勝毎日新聞社/北海道新聞帯広支社/OCTV/FM-JAGA/FM WING

《チケット取り扱い》
チケットらいぶ/音更文化センター/芽室町中央公民館/勝毎サロン/チケットぴあ/帯広旭楽器/CDプラザ WAVE WOW店

10273426_650918671653710_4552025058591647418_n

◆Ryo Yoshimata Presents Live Vol.15◆

10273426_650918671653710_4552025058591647418_n2008年の大河ドラマ「篤姫」の挿入曲にUAの歌詞を乗せ、朝崎郁恵が唄った「阿母」の作曲者として。NHKの番組「新日本風土記」の主題歌「あはがり」の原曲となった島唄のアレンジ。その他ライブ等での伴奏をしていただくなど、ずっとお世話になっている吉俣良さんと定期的にお開催している、プレミアムライブです。

今年から、一部と二部を入れ替えて、朝崎郁恵は一部で吉俣良さんのピアノ、三線のタナカアツシとのコラボレーションで島唄を唄います。
二部では、吉俣良さんがゲストを迎えて、Pf×Violin×Celloの3人編成でサントラをお届けします。

【日時】
2017年7月24日(月) 開場18:00/開演19:30

【場所】
JZ Brat(JR渋谷駅南改札西口より徒歩3分)
住所:東京都渋谷区桜丘町26-1 セルリアンタワー東急ホテル2階

【出演】
吉俣良(Pf)、朝崎郁恵(Vo)、タナカアツシ(三線)
二部ゲスト:門脇大輔(Violin)、古川淑惠(Cello)

【料金】
6,000円(税込)+オーダー・全席指定

【チケット販売】
※SOLD OUT!!
前売り券の販売、予約受付が終了致しました

一般予約受付中!
予約フォームはこちら↓↓
https://ssl.form-mailer.jp/fms/4c5d30cd514965

ご予約の際、演奏してほしいドラマ・映画のタイトルや曲、エピソード等 を募集しています♪♪

吉俣良さんのFanclub先行予約受付が始まっています

期間:~3/20(月)23:59
入会希望の方は、http://yoshimataryo.com/fanclub/fanclub.cgi

※本公演は専用の予約フォームよりお申込み頂き、事前にお支払い頂く形となります。
※お席はご予約を頂いた順番に見やすい席をご用意しており、全て指定席となります。
※お席の場所のご指定は承れません。予めご了承ください。

13494836_1056903661055207_7402020600675832331_n

◆Ryo Yoshimata Presents Live Vol.14◆

吉俣良/朝崎郁恵吉俣良さんは、氏が音楽を担当された2008年の大河ドラマ「篤姫」の挿入曲にUAの歌詞を乗せ、朝崎郁恵が唄った「阿母」、そしてNHKの番組「新日本風土記」での原曲となった島唄のアレンジ、その他ライブ等でのサポートをしていただくなど、ずっとお世話になっています。
その吉俣さんが定期的にお開催している、プレミアムライブです。

今年から、一部と二部を入れ替えて、朝崎郁恵は一部で吉俣良さんのピアノ、三線のタナカアツシとのコラボレーションで島唄を唄います。
二部では、吉俣良さんがゲストをお迎えして、Pf×Violin×Celloの3人編成でサントラをお届けします。

【日時】
2017年3月7日(火)開場18:00/開演19:30
※開場時間が変更になりました!!

【場所】
JZ Brat(JR渋谷駅南改札西口より徒歩3分)
住所:東京都渋谷区桜丘町26-1 セルリアンタワー東急ホテル2階
http://www.jzbrat.com/

【出演】
吉俣良(Pf)、朝崎郁恵(Vo)、タナカアツシ(三線)
二部ゲスト:カメルーン真希(Violin)、村中俊之(Cello)

【料金】
6,000円(税込)+オーダー・全席指定

【チケット販売】※SOLD OUT!!
前売り券の販売、予約受付が終了致しました。

予約フォームはこちら↓↓
https://ssl.form-mailer.jp/fms/3b807ef3488626

※本公演は専用の予約フォームよりお申込み頂き、事前にお支払い頂く形となります。
※お席はご予約を頂いた順番に見やすい席をご用意しており、全て指定席となります。
※お席の場所のご指定は承れません。予めご了承ください。

『平成28年度 危機的な状況にある言語・方言サミット(奄美大会)』で講演いたします

yoron_flyer_front_r yoron_flyer_reverse_r

与論島で開催される『危機的な状況にある言語・方言サミット(奄美大会)』にて「吾きゃシマぬウタ吾きゃシマぬユムタ」(私のシマの唄,私のシマの言葉)と題して講演させていただきます。
まだ内容については未定ですが、アカペラの唄も交えながら、話をさせていただきます。

以下

http://www.bunka.go.jp/koho_hodo_oshirase/hodohappyo/2016101701.html

より引用

趣旨

我が国における消滅の危機にある言語・方言に関する調査研究成果や各地域の取組事例について,広く知っ ていただくため,「危機的な状況にある言語・方言サミット」を開催します。サミットでは方言の聞き比べや講演等が行われ,文化の多様性を支える言葉の役割 や価値について共に考え,危機的な状況を改善するきっかけにするものです。今年度は11月13日(日)に鹿児島県与論島での開催です。

*「危機的な状況にある言語・方言」とは,ユネスコが平成21年に発行した“Atlas of the World’s Languages in Danger”で消滅の危機にあるとした8言語・方言(アイヌ語,八丈方言,奄美方言,国頭方言,沖縄方言,宮古方言,八重山方言,与那国方言)及び東日 本大震災において危機的な状況が危惧される被災地の方言を指します。

主催

文化庁,鹿児島県,与論町,与論町教育委員会,国立国語研究所,琉球大学

日時

平成28年11月13日(日)9:00~15:15

場所

与論町総合体育館(砂美地来館)
(鹿児島県大島郡与論町茶花2045)

日程

8:30
受付
9:00
歓迎セレモニー
9:30
開会式
9:45
危機的な状況にある言語・方言の現況

  1. (1)調査研究の結果報告
  2. (2)継承のための取組事例報告(豊見城市,与論町)
  3. (3)協議
11:25
休憩
11:35
危機的な状況にある言語・方言の聞き比べ
12:20
休憩
13:10
危機的な状況にある言語・方言による語り

  1. (1)アイヌ語による語り
  2. (2)国頭方言(与論方言)による語り
13:45
与論町の取組成果(与論小学校)
14:00
講演「()きゃシマぬウタ()きゃシマぬユムタ」(私のシマの唄,私のシマの言葉) 講演者:朝崎郁恵(奄美島唄唄者)
15:10
閉会式
15:15
終了

※都合により日程等を変更する場合があります。

参加者

消滅の危機にある言語や方言に関心のある方

参加申込み

参加申込不要。参加費無料。